ヒューリックリート投資法人は非常に話題に上がりました。そして結果も勿論かなりの物でした。各月ごとの期待の銘柄や、初値予想を立てていくことで確実に収益へと繋がる投資が可能です。

ヤマシタフィルタのしんき上場によるIPOの記録

IPOとは、企業が上場する際に株式をしんき公開して誰でも取引が可能な状態にすることです。これにより、証券市場から直接金融による資金の調達が出来るようになるので、事業資金の確保が容易になります。しかも、既存株主にとっては株式の売却による投下資本の回収が容易になるというメリットもあります。

さらにIPOは、投資する側にとっても非常に魅力的です。基本的には上場する前に入手した株を上場日に売却するという内容で、公開価格を初値が上回れば利益を得られることになります。2014年に行われたしんき上場77社の内で、公開価格を初値が上回ったのは59社、下回ったのは15社、同額が3社という割合です。つまり、77分の59で利益を得られたということであり、75パーセント以上の確率となっています。

フィルタ製品の研究開発・製造及び販売を事業としている企業のヤマシタフィルタのしんき上場も、2014年に行われた77社によるIPOの内の一つです。老舗の製造業による二部上場ということで、成長性や話題性を期待できないという評価がもっぱらで、事前は期待できないと考えられていました。

しかし実際にヤマシタフィルタのIPOでは、公開価格2800円に対して初値は20パーセントプラスの3350円を記録しています。これにより、投資家は100株単位で55,000円の利益を得たことになります。これは、借入金に頼らない安全な経営を行っていたということが、評価につながったと考えられています。また、このようなプラスの結果が出た場合は、利益を得るのは投資家だけではありません。

高い初値が出たということは、それだけヤマシタフィルタの評価が高かったということであり、社会的な信用や企業のイメージも良化することになります。