ヒューリックリート投資法人は非常に話題に上がりました。そして結果も勿論かなりの物でした。各月ごとの期待の銘柄や、初値予想を立てていくことで確実に収益へと繋がる投資が可能です。

IPO銘柄の購入と選考会の役割

企業が大きく成長するとその株式を証券市場に参入させ、より多くの資金を調達したり、知名度を上げる必要性に迫られます。
そういった企業が株式を証券市場に新しく上場させ、投資家の誰もが取引できる状態にすることをIPOと呼ばれ、その株式を新規公開株や新規上場株式とも呼ばれています。

IPOの魅力は市場の注目を浴びることとなるため、上場初日が思わぬ高値で取引される傾向があります。
そのため、実際にIPO銘柄を手に入れることが出来て上場初日で売却を行なえば、それだけで利益を出しやすい銘柄となります。

具体的には過去にそれを行なっただけで、多くの利益をもたらしているのが実情で、素人でも関係なく利益を出しています。
そのため、投資セミナーなどでもIPOの選考会が開催されることがあり、そういった選考会では推奨される銘柄を参加者に教えてくれたりすることも多いです。

ただIPO銘柄を手に入れるためには、証券会社での配分比率が決まっているのが現実としてあります。
例えば、新規上場する企業が主幹事を任せる証券会社であればそこに多くの株式を配分させ、その他には副幹事の証券会社にも配分していきます。

その銘柄の株式を欲しい場合には、配分比率が高い主幹事の証券会社に申し込みを行なえば、購入できる確率もアップしていきます。
なお総合証券であるとお得意様や大口の投資家に優先的に割り当てを行なう傾向があります。

しかし、ネット証券の場合は口座を開設していれば平等で申し込みを受け付け、抽選で決まる仕組みとなっています。
投資セミナーが開催している選考会などでは、IPO株の売却タイミングだけでなく、入手の仕方や方法までをアドバイスしてくれることも多いです。
よく言われていることとしては、ネット証券だと数多くの証券会社が存在するため、その口座を複数開設しておいてIPO銘柄の抽選の申込を行なうと入手しやすいです。